Tony's Netマレーシアロングステイ・移住>トイレ事情

マレーシアのトイレにはトイレットペーパーがない?

床がぬれていても「不潔ッ!」と誤解しないでください

マレーシアの一般的な公衆トイレには、トイレットペーパーがありません。旅でマレーシアにいらっしゃる方にはポケットティッシュの携行を強くオススメします。ウォシュレットのついた便器も見かけません。商業施設にある有料トイレ(2~30セン:日本円で7~10円)でも、基本的にティッシュペーパーは別料金です。

一般的なマレーシア人は用をたした後、右手で専用の水道ホース(ない場合はバケツに入った水を手桶で利用)の水を使って、左手でゴシゴシ洗います。乾燥は、自然乾燥が基本のようです。だからトイレットペーパーがないのが一般的なんです。水で周囲も流しますのでトイレの床が濡れているのです。

公衆トイレの扉を開けたとき「ワッ!床がビショビショだ~」と感じる日本人旅行者の方が多いようですが、小便がまき散らかされて不潔な状態なのではなく、水で洗い清められた証拠です。誤解して気分を害したり、驚かないようにしてください。前に使った人が後から来る人のために水で洗ったから濡れてるんです。

トイレはどこ(マレー語:Tandas di mana? )

トイレはどこ(マレー語:Tandas di mana? )

一流ホテルの客室にあるトイレは、洋式の水洗トイレですがトイレマットやトイレ用のスリッパはありません。もちろん、ウォシュレットや便座カバーやヒーターも付いていません。とても清潔です。ゲストハウスやバジェットホテルの場合、トイレとシャワーは同じ場所なのでシャワーを使うと便器が濡れるのもよくあることです。

観光で、外出したときトイレに行きたくなったら公衆トイレを使うしかないんですが場所がわからないときは近くの人に「トイレはどこ?」(マレー語:Tandas di mana? タンダス・ディ・マナ)と聞いてみましょう。英語でも都市部や観光地なら通用しますが、田舎ではマレー語しか通じない場所もあります。

観光地には、政府観光省の政策によるトイレがあるエリアもありますが、商店やカフェ(喫茶店)のトイレを借りることもあると思います。そういうローカル度の高いトイレに入るのがイヤな方は、近くにある高級ホテルに頼るか?大型ショッピングセンターにあるトイレに行きましょう。


次章 マレーシアの休日休暇に進む

マレーシアガイド管理人メールアドレス tonyjsp@gmail.com