Tony's Netマレーシア通貨・両替>銀行で日本円からの両替について

マレーシアの銀行両替カウンター

マレーシアの銀行で日本円からの両替について

銀行の両替レートは±5リンギット。短期滞在で、屋台の支払いや交通費などに1万円程度の両替ならば銀行を利用するが便利です。多額の現金を両替するなら、両替商(マネーチェンジャー)がお得です。日本円から直接リンギットに両替できます。わざわざアメリカドル(米ドル)を持参する必要はありません。

銀行の両替カウンターは、銀行の営業日と営業時間にしか開いていませんが、空港や超大型ショッピングセンターに出店している銀行系の両替出張所は、ほぼ年中無休で営業時間も長く開いています。Bankとかかれた看板が、銀行系の両替窓口であるかどうか?見極める基準となっています。

マレーシアの空港では、ほとんどの銀行が両替窓口を24時間営業してくれています。LCC格安航空会社専用ターミナルKLIA2のターミナルビルでも、数多くの銀行が安い手数料で両替に応じてくれています。

日本円で直接両替するのがお得です。トラベラーズチェックは、紛失や盗難時に効力を発揮しますがマレーシアの銀行でレートは悪いし、書類も書かなければならない場合もあるのでオススメしません。万が一の時を考える方はクレジットカード番号をキチンと控えてクレジットカードを複数持参するのがよろしいかと思います。(VISAとMasterカードが使える店が多く、JCBやアメックス、ダイナースは使えない店が多い)

メジャーな国の通貨(米ドル・ユーロ・豪ドル)や近隣国のシンガポール・ドル、インドネシア・ルピア、タイ・バーツ、中国・元などの現金もリンギット・マレーシアに両替可能です。日本円を含み500円玉など硬貨は特別な例外を除き取り扱いしてくれませんので、100ドル札や1万円札や千円札紙幣で両替して下さい。

気をつけたい、両替直後のひったくりから身を守る自己防衛

マレーシアの治安は東南アジアの中ではピカイチの安全な国ですが、置き引きやひったくりなどの犯罪はあります。日本ではたいしたことない金額であっても、平均月給5~6万円のマレーシアでは大金にあたります。両替した直後にひったくりに遭う危険もありますので、注意が必要です。

高そうに見えるブランド物の財布やバッグは「ココにお金が入っていますよ!」とドロボウにアピールするような愚かな行為です。犯罪を誘発しないためには、ひったくり犯罪にあわないような肩掛けショルダーを利用したり、ごくあたりまえの財布を使う、お金を分けて所持する、パスポートや航空券などはホテルのセーフティーボックスに預けておくなどの自己防衛策もお忘れなく!

KLIA2ターミナルビルのメイバンク両替カウンター

関連項目 KLIA2ターミナルビルにある両替商について

次章 お得な「両替商」でマネーチェンジに進む
マレーシア・リンギット通貨・両替に戻る

マレーシアガイド管理人メールアドレス tonyjsp@gmail.com