Tonys Netマレーシア海外ケータイ>プリペイドカードの通話料金追加方法

プリペイドカードの通話料金追加方法

日本の携帯電話料金は1ヶ月単位の基本料金と通話料金、それにメールやネットを利用したパケット通信料に別れています。

マレーシアのプリペイド携帯電話料金には、通話可能期間(基本料金のようなモノ)と通話料金(時間単位)およびSMSの利用料金(送信1通ずつ課金)がワンセットになっています。

初回に購入したプリペイドSIMカードには30日~60日の発着可能期間があらかじめセットされています。期間内に通話料金(クレジット・バランス)を使い果たしてしまった時や、利用期間が切れてしまった時に通話料金を追加しなくてはいけません。

例えばDIGI(デジ)プリペイドSIMカードを使っている人なら30リンギット追加した場合その日から、新たに30日間の発着有効期限が加算されます。発着有効期限が切れた方は、そのままでも3ヶ月間着信通話・SMS受信が可能です。

しかし!3ヶ月以上放置された携帯SIMカードは回線番号ごと利用不可能になってしまいます。

プリペイドカードの追加(トップアップ)方法

まず、TopUp(トップアップ)カードを入手して下さい。ケータイ電話屋さん、コンビニ、ガソリンスタンド他にもケータイトップアップカードのポスターを貼っているお店が多数見かけられます。最近では空港や大きなバスターミナルに自動販売機もお目見えしています。

自分の使っているSIMカードの会社が発行しているトップアップカードを買って下さい。袋を破って、カードの裏側にある銀色の部分をコインなどを使ってこすってはがして下さい。そこに書いてある14ケタ(セルコムは16ケタ)の番号が暗証番号(PINコード)です。これで準備完了です。カードの裏側に書かれている手順に従ってお使いのケータイ電話から下記の手順でプリペイド料金の追加ができます。

DIGI・016プリペイド追加の場合

  1. *123*14ケタの暗証番号#
  2. 緑の発信ボタンを押す。これで完了です
  3. しばらくすると回線会社からあなたの携帯にSMSが到着します。利用可能期限、あなたの利用残高が書かれているのを確認して下さい。

マキシス・012プリペイド追加の場合

  1. お使いのケータイ電話から122をダイヤルして下さい
  2. アナウンスにしたがって14ケタの暗証番号に続き#を入力します
  3. 追加したプリペイド料金(クレジットバランス)が聞こえたらトップアップ成功です。そのまま電話を切って下さい。

セルコム・019プリペイド追加の場合

  1. お使いのケータイから019-3000-910をダイヤルして下さい
  2. アナウンスを聞いてオプションナンバーを押して下さい
  3. アナウンスにしたがって16ケタの暗証番号を入力して下さい。
  4. 追加したプリペイド料金(クレジットバランス)が聞こえたらトップアップ成功です。そのまま電話を切って下さい。

暗証番号を間違えて送信した場合、不正利用の疑いでSIMカードロックがかけられ携帯電話が使えなくなるコトもあります。この場合、ケータイ電話屋さんの手に負えないこともあり、各携帯回線会社の支店や営業所に足を運ばなくてはならなくなるので、暗証番号の入力はお間違えなく!

2016年追記:最近はお客さんがプリペイドカードを買ってpinコードを打ち込んで料金を追加する(Topup:トップアップ)方式から、店頭のケータイ電話からチャージしてもらうサービスに変わりつつあります。

自分の電話番号を店頭で伝えるとスタッフが手配してくれ、チャージが終わるとSMSで料金が追加されたことを通知してもらえます。スマホもガラケーも便利になりました。


次章 SMSの送受信に進む

海外ケータイ生活のススメTOPに戻る

マレーシアガイド管理人のメールアドレス tonyjsp@gmail.com