Tonys Netマレーシア海外ケータイ>海外ケータイのススメTopページ/つながる世界標準、GSM携帯電話

海外でつながるGSM携帯電話

海外ケータイのススメ はじめにココを理解してください

マレーシアに限らず、日本を一歩出ると「携帯電話」の互換性は国境を越え世界を結んでいます。言い換えれば、日本の携帯は世界でたった一国(詳しく述べるとちょっと違うのですが・・・)「仲間はずれ」にされています。

日本の携帯でも一部機種が海外でも使えるのをウリになさっているようですが、日本をのぞく世界は既につながっているのです。ガラパゴス的に日本の携帯電話は世界から隔離されているのを知っている人は少ないのが実情です。

GSM携帯電話は世界標準

NTTドコモの携帯電話、ボーダフォン、AUなど日本の携帯電話の技術は電話機(ハード)、iモードに代表されるネット接続・メール機能(ソフト)は世界最高峰に位置しているといえるでしょう。しかし、日本独自の通信技術であるため海外では使えないのです。

世界で採用されている携帯ネットワークは「GSM」方式なのです。古い例えをするとビデオデッキの「VHS方式」と「ベータ方式」の違いがありその目的や用途は同じでも互換性がないのです。

仲間はずれにされた日本のケータイは世界の壁?

アジアに限らず、世界中どの街に行っても走る車は日本製、もしくは日本車ブランドの海外生産車があふれています。車だけじゃなく、時計・冷蔵庫・エアコン・テレビ・洗濯機などメイド・イン・ジャパンの勢いはとどまるところを知りません。あふれています。

海外ケータイ生活を送る筆者の意見ですが、コチラで現在販売されている携帯電話機は日本メーカー「ドコモ」さんあたりの3~5年前の機能がようやく新機種に登場してきているのが実情です。

言い換えれば、車や家電商品と同じで日本製はハードとソフトで世界をリードする優れたケータイを産出しています。ドコモ方式の通信システムが世界標準から締め出されているのは、メイド・イン・ジャパンを輸出させない『世界の障壁』なのだと思います。

もしも、日本の携帯電話器メーカさんが本気でGSM方式に参入してきたら・・・車と同じく世界に日本産のケータイ電話があふれることになるのでしょう。(推測)

鎖国じゃないんだから仕組みを知ってトクしよう

江戸幕府が海外との接触を禁止した鎖国時代じゃないのですから世界標準で使われている携帯電話の仕組みを理解してマレーシアやアジア、いや世界を旅する皆様に安価な海外ケータイライフを身につけてほしいという願いでこのシリーズをお届けします。

2004年7月19日 Tonys Net管理人 Tony寛斎

追記:携帯電話をはじめとする通信機器は日進月歩で、機器やシステムは常に進化しています。本章を記述したのは2004年頃の情報ですので、日本の携帯電話も進化しています。

ただし!異様に高すぎる通信コスト、送受信とも高い海外通話料がかかっています。2~3泊の短期の旅行者なら家族や職場との連絡用に有益な携帯海外ローミングだと思います。

しかし、海外勤務の駐在員さんや、留学生、ロングステイを希望する長期滞在の方は、ガラパゴス化した日本の携帯電話を使うのは、経費のムダ使いだと筆者は思います。インターネットを利用したスカイプ通話や現地でSIMカードを買って低コストな海外ケータイ生活を送っていただきたいと思います。

2011年3月23日追記

海外ケータイ生活のススメindex

K-01 ケータイ電話の実勢価格を知ろう 導入資金について
K-02 国際通話で日本と1分間14円なり IDDカードの説明
K-03 海外ケータイ電話デビューしよう 初期購入について
K-04 用途に合わせて選ぼう!プリペイドSIMカード会社比較
K-05 プリペイド方式のSIMカードをゲット 装着方法について
K-06 ポイントはアクセサリーと電池 携帯電話機メーカー比較論
K-07 着信・通話・発信で仮免合格! まず使ってみよう
K-08 プリペイドカードの通話料金の追加方法について
K-09 ローマ字メールSMS(ショートメール)を使いこなせ!
K-10 パソコンからの海外ケータイに無料送信SMSの裏技テク
K-11 着せ替え人形?アクセサリーで個性をアピール
K-12 防衛と保守は自己責任。紛失・盗難・セキュリティー
K-13 携帯からIDD通話のアクセス無料 SMS裏技その2
K-14 知らずに課金されている国内接続料 国際電話の概念
K-15 国内通話料金無料のコールバックシステム
K-16 2005年末商戦激化中 SIMカードの価格破壊
K-17 2006年夏 タイ王国のプリペイドSIMカード
K-18 2007年春 GSM海外ケータイの相場と注意点

次章 GSM携帯の導入資金についてに進むに進む

海外ケータイ生活のススメTOPに戻る

マレーシアガイド管理人のメールアドレス tonyjsp@gmail.com