Tonys Netマレーシアマレー語>まずは、おはよう! スラマッパギ! マレー語のあいさつ

マレー語であいさつ

おはよう!はSelamat pagiと綴り「スラマッパギ」と発音します

マレーシア語の場合、単語の語尾が「T・B・D・K・P」で終わる場合、日本語で「ッ」の発音になります。現地通貨を表すRinggitなら「リンギット」と「ト」で終わらず、「リンギッ」と「ッ」で終わります。Selamatという単語は、単体で「おめでとう!」を意味します。「スラマット」じゃなく「スラマッ」と発音します。

「Pagi」とは日本語の朝を意味します。Selamat pagiとつなげて「おはよう」という挨拶になります。時間帯に分けて「こんにちは」と「今晩は」が変化します。ご機嫌いかが?元気ですか?と質問する時には「アパカバー?」と聞いて、元気ですよと答える場合には「カバー・バイッ」と答えます。

マレーシア語入門必須度No.1 日常のあいさつ

左から日本語/マレー語のアルファベッド/マレー語の読み方を並べています。

おはよう(0時~12時) Selamat pagi / スラマッ パギ
こんにちは(12~14時) Selamat tengahari / スラマットゥンガハリ
こんにちは(14~日没) Selamat petang / スラマッ プタン
こんばんは(日没~0時) Selamat malam / スマラマッ マラム
ようこそ! Selamat datang / スラマッ ダタン
元気ですか? Apa khabar? / アパ カバー
元気ですよ Khabar baik /  カバッ バイッ
ごはん食べた? Sudah makan ?  / スダッ マカン?
食べました Sudah /  スダッ
まだ食べていません Belum  /  ブロン
さようなら(帰る側) Selamat Tinggal / スラマッ ティンガル
さようなら(見送る側) Slamat Jalan / スラマッ ジャラン
じゃ~またね! Jumpa lagi / ジュンパラギッ

ごはん食べた?は一般的に「元気ですか」という慣用語

Sudah makan ? と書いて「スダッ・マカン?」と発音するマレー語を、直訳すれば「ごはん食べましたか?」という意味です。しかし、食事をしたかどうかを確認するのが目的ではなく普段一緒に生活している親族やご近所さん、親しい間柄の知人・友人に対して「あんた、元気にしてる?」という挨拶に使われています。

仕事が忙しく、ランチを食べてなかったとしても「Sudah」(食べました)と「元気にしてるよ」と挨拶する場合もあります。食事の有無を聞かれたのか?と真剣になって「まだ食べてません(Belum  / ブロン)」とマジに答えるのではなく、余裕を見せて「済んだよ(Sudah / スダッ)」答えるのが相手に対する思いやり、オトナの品格といえるでしょう。

「さようなら」を意味するSelamat Tinggal「スラマッ・ティンガル」(去って行く人)とSlamat Jalan(見送る人)「スラマッ・ジャラン」は、長期間の別れの場合に使います。一般的に「じゃ~また明日」とか「またね~」と分かれる場合にはお互いにJumpa lagi「ジュンパラギ」を使います。

マレーシアに旅行に来ていて、親しくなったマレーシアの友達と明日もお茶を飲む約束をしてホテルまで送ってもらったおき「じゃ、また明日」ならば「Jumpa lagi / ジュンパラギッ」。

その親しくなった友達が、空港まで送ってくれて自分が日本へ帰っちゃうとき「お世話になりました。さようなら、また会いましょう」しばしのお別れになるならば「Selamat Tinggal / スラマッ ティンガル」という使いわけ方になります。


次章 ありがとう!どういたしましては必須に進む

マレーシアガイド管理人メールアドレス tonyjsp@gmail.com