Tonys Netマレーシアマレー語>マレーシアの医療現場で使われるマレー語

マレーシアの医療現場で使われるマレー医学用語

マレーシアの医療施設について

中規模以上の都市にはジェネラルホスピタル(国立総合病院)があります。医療費が安いので庶民に人気が高いのですが、患者数が多く順番待ちに時間がかかります。待つのがイヤな方はプライベートホスピタルと呼ばれる大手私立病院で高額な医療費を払い先進の治療を受診することになります。

この他、内科医が勤務するクリニックと呼ばれる診療所が各地にあります。24時間態勢で受付してくれるクリニックもあります。カゼや怪我などの治療を受けることができますが、大病の疑いがあるときは、総合病院や専門医へ紹介状を書いてくれます。耳鼻科・小児科・眼科などの専門医のクリニックもあります。

歯医者は、一般に「デンティス」と呼ばれています。ほとんどが私立の歯科医です。虫歯治療を専門に受け持つ歯科医が多いようですが、インプラントや僑生専門のデンティスもあります。いずれの医者も英語教育を受けているのでマレー語での会話は必要ありませんが、以下病院で使うマレー語をまとめてみました。

マレーシアの医療現場で使われるマレー語 【症状編】

熱がある demam /ドゥマム
食欲がない tak ada selera /タッ アダ スレラ
下痢している cirit-birit /チリッ ビリッ
痛い sakit /サキッ
だるい lesu /ムンタ
吐いた muntah /ムンタ
かゆい gatal /ガタル
腫れる bengkak /ブンカッ
風邪ぎみ selesema /スルスマ

マレーシアの医療現場で使われるマレー語 【医療用語編】

体 温 suhu badan /スフ・バダン
血 圧 tekanan darah /トゥカナン・ダラ
脈 拍 nadi /ナディ
血液型 jenis darah /ジェニス・ダラ
検 査 pemeriksaan /プムリクサァン
血液検査 kami memeriksa darah /カミ・ムムリクサ・ダラ
尿検査 kami memeriksa air kencing /カミ・ムムリクサ・アイル・クンチン
ubat /ウバッ
点 滴 masuk air /マソ・アイル
注 射 suntikan /スンティカン
抗生物質 anti biotik /アンティ・バイオティッ

マレーシアの医療現場で使われるマレー語 【体の部位編】

rambut /ランブッ
mata /マタ
hidung /ヒドゥン
mulut /ムルッ
telinga /トゥリンガ
buhu /バフ
背中 belakang /ブラカン
pinggang /ピンガン
lengan /レンガン
tangan /タンガン
jari /ジャリ
kaki /カキ
ひざ lutut /ルトゥッ
内蔵 organ /オーガン
のど kerongkong /クロンコン
心臓 jantung /ジャントン
paru-paru /パル・パル
perut /プルッ
usus /ウスス
腎臓 buah pinggang /ブア・ピンガン
肝臓 hati /ハティ
膀胱 pundi kencing /プンディ・クンチン
盲腸 apendiks /アペンディクス

次章 喫茶店で「砂糖抜き」を頼みたいに進む

マレーシアガイド管理人メールアドレス tonyjsp@gmail.com