Tonys Netマレーシア国情報>マレーシアの電源・電圧について

マレーシアの電源・電圧

電圧は220Vで周波数は50Hz。コンセントは3つ又のBFタイプ

マレーシアの電圧は220Vで周波数は50Hz。コンセントは3つ又のBF(「ビー・エフ式」ブリティッシュ・フラット)タイプが多いので、日本のコンセントA(アメリカン型)と電圧(家庭用100V)が違います。日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要になりますので注意して下さい。

1週間以内の短期旅行や商用での短期滞在なら、宿泊するホテルのフロントで借りることも可能だと思います。駐在赴任や、長期滞在(ロングステイ)などマレーシアで長く滞在するなら日本の家電製品を持ち込む場合もあると思いますが、その場合100ボルト/220~240ボルトの変圧器を購入したほうが便利です。

また、マレーシアでも日本ブランドや韓国ブランドの電化製品が安く売られているので冷蔵庫やエアコン、洗濯機やテレビなどの家電は日本から持ち込まず、現地で買って使った方がイイかもしれません。

日系企業の駐在員さんの転勤・帰国や移住で不要になった家電や家具が地元サイト「じゃらんじゃらん」にも掲示されているので参考にして下さい。

電圧は220Vで周波数は50Hz。コンセントは3つ又のBFタイプ

パソコン・デジカメ・スマホ充電にはコンセント変換プラグが必須

最近のパソコン・デジカメ(デジ一眼・コンデジの電池)・携帯電話の充電器のほとんどは、100~240ボルトに対応していますが、コンセントの形状をAタイプ(日本式)からBFタイプやCタイプ(英国・ヨーロッパ式)に変換するプラグが必要です。上の写真、左下にある電源プラグアダプターが便利だと思います。

変換プラグは、マレーシアの電気店で50円程度で購入できます。旅のお土産にも使える便利なアイテムなので手に入れても損はないけど、ホテルで借りることもできると思います。変圧器は容量によって価格は異なりますが、3000~5000円で手に入ります。

パソコン・デジカメ・携帯電話の充電器や日本から持ち込むヘアドライヤーとかシェーバーなどの電化製品の場合コンセントの形状が適応したとしても、必ず対応電圧(100~240ボルト)のスペック確認をお忘れなく。

また、精密な電子機器を扱う場合には精度の高い変圧器をご利用下さい。10年ほど前、当時とても高価だった日本製CD-R機器(100V仕様)に、街の電気屋で買ってきた500円程度の変圧器に繋いだらボムッと煙を上げて潰れた苦い経験を筆者は経験したことあります。


次章 現在制作中

マレーシア基本情報indexに戻る

マレーシアガイド管理人のメールアドレス tonyjsp@gmail.com