Tonys Netマレーシア国土と都市>マレーシアのビーチリゾート

ティオマン島 Pulau Tioman

マレーシアのビーチリゾートの地図


マレーシアのビーチリゾートについて

マレーシアのビーチリゾートについて
ランカウイ島 Pulau Langkawi
マレーシアを代表するマリンリゾート「ランカウイ島」。ランは鷲、カウイは大理石を意味します。1987年から酒やタバコが免税の島。イスラム教国家であるマレーシアは酒税が高いと評判ですが、ランカウイでは缶ビール1本50円程度で買えます。島内の人口は6万5000人。島の面積も淡路島と同じ程度の広さです。ビーチだじゃなく様々な自然観賞が楽しめます。
伝説の島ランカウイ http://cgi.members.interq.or.jp/blue/marino/index.html
パヤ島 Pulau Payar
ランカウイ島の南25km、ペナン島の北70km北のに位置するパヤ島。1985年、マレーシア西海岸では初の国立公園と指定されたので、ホテルなど宿泊施設は建てられない島です。ランカウイ、ペナンから高速艇を使って日帰りツアーに参加しなければ訪問できないビーチリゾートです。アクセスが困難なのでビジター数も少ないため、透明度の高い海水が自慢。
ペナン島 Pulau Penang
南洋の真珠と謳われた南の楽園ペナン島の北部にバトゥ・フェリンギ、タンジュン・ブンガ、テロック・バハンなどの有名な海岸はありますが海洋汚染で海水の透明度は期待できません。街の中心部ジョージタウンは各種商業施設、医療や金融機関が整った都市です。ペナンはマリンリゾートではなく、常夏の温暖な気候でリラックスしながらロングステイを楽しめる島です。
パンコール島・パンコールラウ島 Pulau Pangkor
パンコールには、マレー半島ペナンの南にあるイポーの西にある港町ルムッのジェッティ(船着き場)から船で渡る。パンコール島は大きな本島で、高級ホテル宿泊施設のみのパンコールラウ島の二つの島があります。後者のパンコールラウ島に渡る高速艇は宿泊客専用でワンランク上の高級なアプローチを感じます。
ポート・ディクソン Port Dickson
KL(クアラルンプール)から車で約1時間、KLIA空港からも近いし、英語風のネーミングからすばらしいビーチリゾートを想像してしまいがちですが、実際にはマレー半島西海岸によくある田舎の町です。海水の透明度を気にするよりも、水着を着てビーチで泳ぐ気にもなれない海辺の町です。リゾートホテルのプールや専用ビーチはそれなりに楽しめると思います。
プラウブサ島 Pulau Besar
筆者がマラッカに住んでいるので、このページに登場したプラウ・ブサ。マレーシアの古都マラッカの沖合4kmに浮かぶ全く無名の南の島です。過去にリゾート開発が何度かありましたが、神秘の島として宗教的な地元民の反対で頓挫しています。ゴルフ場も9ホールですがプレーできた時代もありました。無名で、ナンにもない南の島ですが、のんびりするのにイイ島です。
プラウブサについて(日本語) http://melakajp.com/about/poi-maniac/024.html
ペルヘンティアン島 Pulau Perhenian
さてここからマレー半島東海岸編です。トップバッターはコタバルの東沖に浮かぶペルヘンティアン・ブサ(東の大きい島)とペルヘンティアン・クチル(西のやや小さな島)の二つの島があります。いずれも海水の透明度が高く、ダイビングやシュノーケリングなどマリンスポーツを楽しめます。クアラトレンガヌ方面にあるクアラベスッ(Kuala Besut)から船で渡ります。
レダン島 Pulau Redang
東海岸で最も有名なビーチリゾートになってしまった、レダン島。KLスバン空港から直行航空便を利用すれば45分でアクセスできる南の楽園。南シナ海に囲まれたレダン島の海水の透明度は高すぎる程美しいビーチは癒やし度満点。モンスーンと呼ばれる毎年11月~翌年2月頃までほとんどのホテルが休業するため旅のプランをを決めるときには最新情報を要チェック!
チェラティン Pantai Cherating チェンドル Chendor チュカイ Chukai
東海岸クアラトレンガヌから南に170km、車で南に約3時間。クアンタンから50km、車で北に約1時間弱の距離に位置するチェラティン。80ヘクタールの敷地、南北4kmの白砂ビーチを有するクラブメッドなどの高級リゾートホテルが建つビーチリゾートエリアです。バックパッカー向けの安宿もあります。季節によってウミガメの産卵が見学できるツアーもあります。
ティオマン島 Pulau Tioman
ジョホールバル、シンガポールから近いティオマン島。ランカウイと同じく免税の島なので酒やタバコが驚くほど安いのも魅力。起伏に富む島内の移動には道路ではなく船でアクセスしなければならない隠れ家的なビーチもあります。メルシンから船で渡るかベルジャヤ航空でアクセスします。西海岸はやや海水の透明度は低いですが、ダイビング天国のティオマン島。
BLUE HEAVEN DIVERS Tioman Island,Malaysia
http://www.blueheavendivers.com/
シブ島 Pulau Sibu
ティオマン島に比較して有名じゃないので未開拓のビーチが残る海水の透明度が高いシブ島。ジョホール州のタンジュン・レマンから船で渡ります。シブ・アイランド・リゾートというリゾートホテルもあります。マレーシアの島などへのツアーはネット検索でホテルを探すよりも、現地の旅行代理店が売ってるパッケージツアーが安い場合が多いので現地で探すのもオススメです。
デサル Desaru
ジョホールバルから西北西へ80km、車で約1時間15分にあるデサルビーチ。途中にあるコタティンギは比較的大きな地方都市。デサルは有名じゃないビーチですが、大型リゾートホテルがありシンガポールからのパッケージツアー客も多いアクセス便の良いリゾートなので紹介しました。筆者も過去に泊まったことがありますがのんびりするのにはオススメできるエリアです。
ティオマン島 Pulau Tioman

次章 マレー半島の高原リゾートに進む

マレーシアの国土と地図インデックス

マレーシアガイド管理人メールアドレス tonyjsp@gmail.com